ホームページMacソフト欄造>更新履歴

更新履歴


【最新版】

v3.4.2
・OS X 10.9 Mavericksで採用された新版Gatekeeper機能(codesign version 2)に対応した。
・新規書類を編集後、保存しないを選択した場合に、異常終了する場合がある不具合を修正した。


【過去のバージョン】

v3.4.1
・「最近使った項目を開く」について、以下の通り対応した。
 ・新規書類を作成した直後には、リストに載らないようにした。(これにより、新規書類を破棄してもリストに残ったままとなり、選ぶと新規書類が開かれてしまう状況を回避します。)
 ・新規書類を名前を変えて保存、または既存の書類を別名で保存しても、リストに反映されない不具合を修正した。
・「取り消す/やり直す」について、以下の通り対応した。
 ・余白クリックによる選択解除も対象とするようにした。
 ・実行中に行選択が発生しないようにした。
 ・セル選択においては、文字列がハイライト表示されないようにした。(暫定仕様)
・背後に回った書類ウィンドウが再び前面に持ってこられたとき、セルが選択されていなかったときも選択状態になってしまう場合がある不具合を修正した。

v3.4.0
・ファイルメニューに「最近使った項目を開く」を追加した。(Mac OS X 10.9では、環境設定で欄造書類フォルダを指定しても、「開く」メニューで最初にそのフォルダが開かれない、といった不具合が生じますが、このことの代替として機能します。)
・256色アイコン(アプリ/書類共)は使用しないようにした。

v3.3.0
・書類保存時に、拡張子がなければ付加するオプションを追加した。(環境設定>書類>「書類保存時に、拡張子がなければ付加する」をオンにすることで設定できます。デフォルトではオフになっています。)
・書類からクリエータ/タイプ情報が失われていたら、復元するようにした。
・正式版とした。

v3.3b1
・書類に拡張子を設定した。(rnz)
・書類からクリエータ/タイプ情報が失われても、拡張子があれば開くようにした。(これにより、一部オンラインストレージサービスで書類が扱えなくなる不具合を回避します。)

v3.2.0
・書類を開いて閉じた後に環境設定を保存すると、異常終了する不具合を修正した。
・正式版とした。

v3.2b3
・アドオンからの読み込み時、項目の仕分けがおかしくなる不具合を修正した。(本障害は、v3.2b1で混入したものです。)
・Mac OS X 10.6でヘルプを表示しようとすると、エラーとなってしまう不具合を修正した。(この関係で10.5では、ヘルプのタイトルが英字で表示されるようになります。日本語再表示化については未定です。)

v3.2b2
・ヘルプが表示されない場合がある不具合を修正した。

v3.2b1
・ヘルプ(マニュアル他)をアプリケーション内部に持つようにした。
・メニューについて、以下の通り対応した。(OSX標準に合わせました。)
 ・「ページ設定」にショートカット(cmd+shift+P)を追加した。
 ・「クリア」を「削除」に名称変更した。
 ・「ヘルプ」メニューを新設した。
・「欄造について」ダイアログをウィンドウに変更した。(OSX標準に合わせました。)
・テキスト読み込みの仕様において、ダブルクォートとカンマの扱いを変更した。(詳細はこちらを参照。なお、変更前の仕様に戻すことも可能です。)
・テキスト読み込み(旧仕様)で、バックスラッシュ+カンマを区切りとしない設定が機能しなくなっていた不具合を修正した。

v3.1b5
・「取り消す/やり直す」の実装が不十分なために発生した、以下の不具合を修正した。
 ・一行削除しようとすると、異常終了する。
 ・行の生成/挿入後に、取り消す/やり直すを続けて実行すると、異常終了する。
 ・行が選択されていない状態で一行挿入する(この場合は一行生成になる)と、取り消す/やり直すが誤動作する。

v3.1b4
・「取り消す/やり直す」を、操作系全般に拡張した。(詳細はマニュアルを参照)
・「取り消す/やり直す」の実装に伴い、操作時に表示されていた警告ダイアログを表示しないようにした。
・以下のケースについて、メニュー/ツールバー項目を無効化するようにした。
 ・列なし:列の並べ替え
 ・列あり行なし:全クリア
 ・列あり行なし列選択:自動挿入/列の値を合計/ソート
 ・チェックボックス列:自動挿入/列の値を合計/ソート
・「全クリア/列クリア」では、チェックボックス列はチェックをオフにするようにした。
・セル編集中に、行や列に対する操作を行う場合は、まず編集状態を解除するようにした。(これにより、例えば列削除時にセル内容がそのまま残ってしまう不具合を回避します。本件は暫定仕様です。)
・一列しかない状態で列を削除すると、異常終了する不具合を修正した。
・「全削除」後、列を生成すると、削除前の列のタイトルが適用されてしまう不具合を修正した。

v3.1b3
・書類の情報バー(ヘッダ上部のバー部分)のカラー(明るさ)をカスタマイズ可能にした。(設定は「環境設定」で行います。全書類共通です。)
・列クリア時に、編集セルが当該列以外の場所にあってもクリアされてしまう不具合を修正した。
(この障害は、v3.1b2で混入したものです。列クリア対応が不十分だったためで、再修正しました。)

v3.1b2
・セルが編集状態にあると、全クリア/列クリア時に、セル内がクリアされない不具合を修正した。
・Mac OS X 10.8 Mountain Lionにおいて、書類の情報バー(ヘッダ上部のバー部分)のカラーが、従来カラーになってしまう不具合を修正した。

v3.1b1
・セル内文字列入力について、「取り消す」「やり直す」を可能にした。(同一セル内のみ有効。セルを移動すると無効になります。)

v3.0.14
・セル内文字列がカンマを含んでいると、エクスポート系のアドオンが機能しなくなっていた不具合を修正した。

v3.0.13
・エクスポート系のアドオンが機能しなくなっていた不具合を修正した。
(この障害は、v3.0.7で混入したものです。)

v3.0.12
・Mac OS X 10.8 Mountain Lionで導入されたGatekeeper機能に対応した。
・Optionキーを併用する文字が入力できなくなっていた不具合を修正した。

v3.0.11
・Mac OS X 10.7 Lionにおいて、書類の情報バー(ヘッダ上部のバー部分)のカラーが、従来カラーになってしまう不具合を修正した。

v3.0.10
・英字の大文字が入力できなくなっていた不具合を修正した。
(この障害は、v3.0.9で混入したものです。修飾キー対応が不十分だったためで、再修正しました。)

v3.0.9
・修飾キー(controlキー等)と文字キーが併用された場合も、文字入力と看做される場合がある不具合を修正した。
(例えば、control+Jでセル内改行が発生していましたが、これが抑止されます。)

v3.0.8
・日本語入力時の下線が正常に表示されない不具合を修正した。

v3.0.7
・Mac OS X 10.7 Lionに正式対応した。
・開発言語をReal Studio 2011 Release 3 (多言語版)に変更した。

v3.0.6
・アドオンに渡す文字列が正しく生成されないために、アドオンが正常終了しない場合がある不具合を修正した。
(本修正により、過去に作成した書類で文字化けが発生するようであれば、以下を試して下さい。文字化けが解消しない場合は、恐れ入りますが、作者までご連絡下さい。)
 (1) v.3.0.5で開く。(ダウンロードはこちら
 (2) 文字化けが起きなければ「別名で保存」する。
 (3) 本バージョンで開く。

v3.0.5
・複数セルペースト時、チェックボックス列に文字が割り当てられた場合は、警告メッセージを表示して、ペーストが無効になるようにした。(チェックボックス列のみ。その他の列はペーストが行われます。)
・キーによるセル間移動時、チェックボックス列に入ると文字入力状態になり、出るとチェックボックスの表示が消える不具合を修正した。
・チェックボックスセルを選択して一行挿入しても、一行追加になってしまう不具合を修正した。

v3.0.4
・ヘッダの列のない場所で、コンテキストメニューを表示させようとすると異常終了する不具合を修正した。
・URL列以外でも、セルのコンテキストメニューに「アクセス」が表示されていた不具合を修正した。

v3.0.3
・セルが選択された状態で背後に回った書類ウィンドウが、再び前面に持ってこられたとき、編集メニューの各サブメニューが有効にならない不具合を修正した。
・編集メニューの各サブメニューが、機能しない状況では有効にならないようにした。

v3.0.2
・「LFのみ」の改行コードについて、以下の通り対応した。
 ・既に書類に含まれている場合は、読み込み時に除去するとともに、メッセージを表示するようにした。
 ・クリップボード経由でペーストされた場合は、改行コードの判定に「LFのみ」も含めるようにした。
(キーボード入力においては、改行(return)の判定に、キーコード(キーボード上の個々のキーに割り当てられたコード)を使用しているため、原則としてこの問題は発生しない筈ですが、入力されてしまった場合は、お手数ですが、作者までご連絡下さい。また、テキスト読み込みにおいては、「LFのみ」も改行として認識されます。不要な場合は、あらかじめ除去しておいて下さい。)

v3.0.1
・環境設定の「書類フォルダ」タブで、新規にフォルダを設定した場合、次回以降、設定値が空白となって、フォルダを見つけられなくなる(従って、起動時に特定の書類を開く設定にしても「ファイルが見つからない」と表示されてしまう)場合がある不具合を修正した。
・セルが選択された状態で背後に回った書類ウィンドウが、再び前面に持ってこられたとき、セルの選択状態が復元されなくなっていた不具合を修正した。
・チェックボックス列のチェックの有無が変化しても、変更ありと判定されなくなっていた不具合を修正した。

v3.0.0
・ツールバーアイコンを一部変更した。
・情報バーのカラーをOSのマイナーバージョンごとに調整した。
・ウィンドウメニューのショートカット設定がズレていたので、設定し直した。
・新規書類作成時に、ツールバーアイテムの有効/無効判定が行われない不具合を修正した。
・正式版とした。

v3.0b2
・ツールバー表示を、アイコンとテキスト/アイコンのみ/テキストのみ、アイコンサイズを大/小から選択できるようにした。(設定は、「ツールバーをカスタマイズ...」メニューを選択して表示されるダイアログで行います。)
・ツールバーの編集で、FlexibleSpaceを選択可能にした。(ただし、編集ダイアログ上での表示は、固定スペースと同じ扱いとなります。書類上では正しくFlexibleSpaceとして扱われます。)
・ツールバーの編集時、既に登録済のアイテムは二重登録できないようにした。(スペースや区切りは除く)
・ツールバーの表示/非表示をウィンドウ右上の長円ボタンをクリックして操作した場合に、状態を正しく認識できていなかった不具合を修正した。(その関係で、3.0b1では、長円ボタンを押して変更後に保存した場合、ツールバーの有無が保持されず、かつ、ウィンドウ位置がズレてしまいます。該当するケースでは、お手数ですが、手動で位置調整をお願いします。)

v3.0b1
・書類にツールバーを追加した。(ver.2以前で作成した書類は、ツールバー非表示の状態で開かれます。表示する場合は、表示メニューから「ツールバーを表示」を選択して下さい。)
・ツールバーの編集機能を追加した。(編集結果は全ての書類に反映されます。)
・「表示」メニューを追加した。
・ウィンドウメニューに「しまう、拡大/縮小、すべてを手前に移動」を追加した。
・書類の情報バー(ヘッダ上部のバー部分)のカラーを、ウィンドウに合わせたカラーにした。(従来カラーに戻したい場合は、環境設定の「その他」タブで指定できます。)
・自動挿入の固定文字列で、「空白行のみ挿入」をチェックしても、警告ダイアログが表示される不具合を修正した。
・キー操作でセルを移動した場合、編集中のセルに、揃え等の修飾情報が反映されない場合がある不具合を修正した。
・セルが選択されていない状態で上下左右への移動キーを押すと、異常終了する不具合を修正した。
・書類を新規作成時に「行の背景色を有効にする」をオンにする、または、オンの状態で列を削除すると、異常終了する不具合を修正した。

v2.0.0
・一回あたりの作成行数の上限を9999行とした。(上限値は一回あたりのもので、最終的に作成できる行数の制限ではありません。)
・列が存在しない状態で「行の背景色を有効にする」をオンにする、または、オンの状態で書類を新規作成すると、異常終了する不具合を修正した。
・環境設定 - 書類タブの「文書のデフォルト値を設定」で、拡張機能の設定が機能していなかった不具合を修正した。
・正式版とした。

v2.0b3
・行が100を超えた書類を保存しようとすると異常終了する不具合の修正が不十分だったため、再修正した。

v2.0b2
・セルのコピー&ペーストを高速化するオプションを追加した。(暫定対応。日本語が文字化けする場合は、オプションをオフにして下さい。)
・行が100を超えた書類を保存しようとすると、異常終了する不具合を修正した。

v2.0b1
・ユニバーサルアプリケーション化した。(ver.2からはMac OS X版のみとなります。)
・アプリケーション名にはバージョンを含めないようにした。
・各書類に固有のダイアログはシートウィンドウ形式とした。また、一部ダイアログのサイズを変更した。
・メニューの表記をOSX標準に合わせた。

v1.6.3
・列削除を行うと、最終列の内容が空白になってしまう不具合を修正した。(本障害は、v1.6.1で混入したものです。)

v1.6.2
・チェックボックス列を移動すると、チェックが全て外れてしまう不具合を修正した。
・強制ペースト時、列数が1の場合は、空白セルがペーストされない(元の文字列が残ってしまう)不具合を修正した。

v1.6.1
・列削除後に列を新規作成すると、削除した列の内容が再セットされてしまう不具合を修正した。
・書類クローズ時、当該書類が実在するかチェックし、実在しなければ別名保存を促すダイアログを表示するようにした。(これにより、書類を見失ったまま保存しようとして異常終了したり、リソースフォークだけの書類が出来たりする不具合を回避します。なお、書類を見失うケースとしては、開いている最中にFinder上で移動/削除/リネームする場合等が考えられます。)

v1.6.0
・既存の列の種類を変更する際、URLから文字列への変更時は(既存テキストの)クリアなしとした。また、文字列からURLへの変更時はクリアなしを選択できるようにした。
・自動挿入時、既に文字列がセットされている場合は警告メッセージを表示するようにした。
・列の削除時、後続列の移動に伴う列幅の再設定が正しく行われない不具合を修正した。
・正式版とした。

v1.6b2
・列の種類にURLを追加した。(スキームとしてはhttp,ftp,mailtoが扱えます。Optionキーを押しながら当該セルをクリックすると、既定のブラウザまたはメーラを起動できます。)
・URL列セルのコンテキストメニューに「アクセス」を追加した。(既定のブラウザまたはメーラを起動します。)

v1.6b1
・アドオンからの書き出しのオプションとして、「列の修飾情報をコマンドラインの引数経由で渡す」を追加した。

v1.5.2
・テキストから読み込んだ書類において、「セル修飾」情報がデフォルト値ではなく、未設定となってしまう不具合を修正した。

v1.5.1
・新規書類の文書オプション(のデフォルト値)について、以下のとおり対応した。
 ・あらかじめカスタマイズしておいたオプションを適用できるようにした。(下記メニューから指定します。)
   Mac OS X:欄造メニューの「環境設定」
   Mac OS 8/9:編集メニューの「初期設定...」
 ・オプション設定の為、環境設定ダイアログの「書類」タブに「文書のデフォルト値を設定」ボタンを新設した。
・ヘッダの外観について、以下のとおり対応した。
 ・Aqua風にするオプションを追加した。(「操作」メニューの「文書設定...」から指定します。)
 ・オプション設定の為、文書設定ダイアログに「ヘッダ」タブを新設した。
・書類の内容が変更された場合は、クローズボックス(ウィンドウ左上の赤丸)に点を表示するようにした。(Mac OS X版のみ。)
・列の移動において、移動後はヘッダの選択を解除するようにした。
・新規書類において、「セル修飾」情報がデフォルト値ではなく、未設定となってしまう不具合を修正した。
・セル間を移動しただけで変更ありと見なされ、保存を促すダイアログが表示されてしまっていた不具合を修正した。(本障害は、v1.4b2で混入したものです。)

v1.5.0
・文書設定ダイアログの「セル修飾」タブで、背景色の指定オプションがチェックされていない場合は、パラメータを編集不可にした。
・指定フォントが未インストールの場合は、デフォルトのフォント(osaka)に置き換えるようにした。(これにより、別のマシンで作成した書類を持ってきた場合等に、未インストールフォント名が表示されてしまう状況を回避します。)
・正式版とした。

v1.5b1
・セル枠線の種別を指定できるようにした。(「なし・破線・実線・太線・二重線」から選択できます。「操作」メニューの「文書設定...」から指定します。)
・行の背景色について、以下のとおり対応した。
 ・設定できるようにした。(一行置きに指定色が適用されます。「操作」メニューの「文書設定...」から指定します。)
 ・オプション設定の為、文書設定ダイアログに「セル修飾」タブを新設した。(従来のオプションは「フォント」タブにあります。)

v1.4b2
・チェックボックス列について、以下のとおり対応した。
 ・「列設定」ダイアログでの選択方式を、ラジオボタン形式に変更した。
 ・コンテキストメニューが文字列用のままだったので、「全てチェック/全てクリア」に変更した。
 ・セルクリック時に、ハイライト表示するようにした。
 ・列内のセルを複数選択して、一括セット可能にした。
・コンテキストメニュー表示後に列が入れ替わってしまうことへの対応が不十分だったので、修正した。(コンテキストメニュー表示後に、メニューを選択せずに別の列をクリックすると入れ替えが発生していました。)

v1.4b1
・列単位で、チェックボックスを表示するオプションを追加した。(「列設定」ダイアログで指定します。)
・コンテキストメニューからダイアログを表示した場合、閉じた後に列が入れ替わってしまう場合がある不具合を修正した。
・テキストの書き出しにおいて、改行なしオプションを選択した場合に、ヘッダが二重に書き出されていた不具合を修正した。

v1.3.0
・列の移動について、以下のとおり対応した。
 ・ドラッグ移動でウィンドウ端部まで移動した場合、スクロール可能であればスクロールするようにした。
 ・スクロール状態で、ドラッグ矩形の描画がずれる不具合を修正した。
・環境設定ダイアログの構成を一部変更した。(書類タブを新設して、その他タブの書類に関する項目を移動しました。)
・書類の最小値を横80ピクセル、縦125ピクセルに変更した。
・書類の保存ダイアログで、キャンセルボタンを押すと異常終了する不具合を修正した。
・正式版とした。

v1.3b1
・列の移動、列のソート機能を追加した。(詳細はマニュアルを参照)
・アドオン機能強化のため、以下のとおり対応した。(Mac OS X版のみの機能です。Mac OS 8/9版ではご利用頂けません。)
 ・アドオンが、読み込みだけでなく、書き出しにも対応した。
 ・「アドオン」メニューに「情報」メニューを追加した。(アドオンのバージョンや種別等を表示します。)
 ・「読み込み」メニューの「テキスト形式...」メニューを再び「ファイル」メニューの「テキスト読み込み...」に戻した。

v1.2.2
・テキストの読み込みについて、以下のとおり対応した。
 ・「バックスラッシュ+カンマを区切り文字としない」をオプション化した。(読み込み時に表示されるダイアログで指定します。これにより、半角¥の後に(区切り記号としての)カンマが並ぶようなテキストでも処理できるようになります。)
 ・区切り記号が正しく認識されないことがある不具合を修正した。(その関係で、大量のテキストデータを読み込もうとすると、処理に時間がかかる場合があります。)

v1.2.1
・コンテキストメニューにより、1行または1列の全セルを選択可能にした。(一度、当該行または列に含まれる(任意の)セルをクリックする必要があります。クリックしないとコンテキストメニューが表示されません。)
・複数セル選択時は、最初に選択したセルの編集状態を解除するようにした。(これにより、カット時に編集セル内に文字が残ってしまう不具合を回避します。)
・セルの複数選択時のハイライト不良に正式対応した。(特にMac OS 8/9版でハイライトがスムースになります。)

v1.2.0
・アドオン経由の読み込み時、元のファイル名(拡張子は除く)を書類名として継承するようにした。
・Mac OS 8/9版において、書類が開かれていない状態ではメニューを選択できなくなっていた不具合を修正した。
・正式版とした。

v1.2b2
・カンマ区切りテキストの読み込み時、バックスラッシュ+カンマは区切り文字としないようにした。

v1.2b1
・読み込み機能強化のため、以下のとおり対応した。
 ・「読み込み」メニューを新設した。
 ・特定のフォーマットに対応した外部ソフトウェア(アドオン)を「読み込み」メニューから起動し、結果を受け取れるようにした。
 (Mac OS X版のみ。詳細はソフトウェア添付の「外部ソフトウェアについて」を参照)
 ・従来「ファイル」メニューにあった「読み込み...」を「読み込み」メニューに移設し、「テキスト形式...」とした。
・テキストの読み込みについて、以下のとおり対応した。
 ・拡張子がcsvのファイルも開けるようにした。
 ・ダブルクォーテーションと不要な0を削除するオプションを追加した。
 ・テキストエンコード処理を見直し、変換不良を低減した。
・他のソフトを選択後に再度本ソフトを選択した場合、セル選択(編集)状態であれば、キャレット位置も保持するようにした。
・キー操作でのセルの列移動時に、揃えが正しく反映されない不具合を修正した。
・テキストを読み込んだ直後に書き出した場合、Shift-JISを指定してもUTF-8になってしまう場合がある不具合を修正した。

v1.1.0
・セル入力時の揃えを列の揃えに合わせるようにした。(Mac OS X版のみ。また、小数点揃えは右揃えとなります。)
・セル入力時、クリック位置にキャレットを置くようにした。(Mac OS X版では左揃え/中央揃え/右揃え、Mac OS 8/9版では左揃えのみ正常に機能します。それ以外ではクリックする位置によっては、ずれが発生します。)
・書類を保存しない場合に、ウィンドウのサイズと位置を次回に継承しないオプションを追加した。(「環境設定−その他」タブで「終了時のウィンドウサイズと位置を次回に継承する」のチェックを外すと、継承しません。)
・列の設定ダイアログに、列幅の数値指定オプションを追加した。
・列幅のリセット時、列が選択されていれば、その列の幅を初期値として表示するようにした。
・他のソフトを選択後に再度本ソフトを選択した場合、セル選択(編集)状態であれば、解除されないようにした。
・スクロールポジションが継承されなくなっていた不具合を修正した。
・正式版とした。

v1.1b11
・一列挿入後に一列生成を行うと、生成した列が表示されない不具合を修正した。
・複数セル選択後に任意のセルをクリックした場合、ハイライトが解除されない不具合を修正した。(ヘッダ上部のバーをクリックした場合は解除されていました。)

v1.1b10
・テキストの書き出し時、Shift-JISを指定してもUTF-8になってしまう場合がある不具合を修正した。

v1.1b9
・列挿入時、セルが選択中であれば、まず選択状態を解除するようにした。(これにより、挿入された列に、以前の文字列が残ってしまう不具合を回避します。)
・最後の列の右側をクリックすると、列がないにも関わらずセル入力が可能となってしまう不具合を修正した。
・セル選択時に行が選択されてしまう現象を低減した。
・アイコン構成を一部変更した。
・開発ツールをREALbasic 5.5.5-Eに変更した。

注)v1.1b1〜v1.1b8はfor Xのみでfor 8.6にはありませんが、その内容は1.1b9以降のバージョンに継承されています。
v1.1b8
・列のタイトルが日本語を含む書類を保存すると、次回オープン時に文字化けする場合がある不具合を修正した。
・テキストの書き出し時、日本語が文字化けする場合がある不具合を修正した。
・書類の名称によっては、ウィンドウのタイトル等が文字化けする場合がある不具合を修正した。

v1.1b7
・印刷において、以下のとおり対応した。
 ・印刷時に、書類ごとに印刷オプションを指定するためのダイアログを表示するオプションを追加した。
 ・品質優先モードを追加した。(品質優先モードでは、文字が奇麗に印刷されますが、文字列がセル幅より長い場合もカットされずにそのまま印刷されます。非表示部分をカットして印刷したい場合は、レイアウト優先モード(従来の方式)にして下さい。)
・自動挿入において、以下のとおり対応した。
 ・終了セルを指定できるようにした。(複数セル選択(ハイライト表示)による指定もできます。)
 ・固定文字列の時、空白セルのみ挿入対象とするオプションを追加した。
・テキストの書き出しで、以下のとおり対応した。
 ・区切り文字としてスペースを指定できるようにした。
 ・行列を転置するオプションを追加した。
・テキストの読み込み時の区切り文字として、スペースを指定した場合に、以下のとおり対応した。
 ・行末にスペースが付加されていても、無視するようにした。
 ・スペースが1個の場合、区切りとして認識されない不具合を修正した。
・セルのコピー&ペーストを高速化した。また、文字化けする場合がある不具合を修正した。
・書類の保存方法を見直した。(これにより、保存の度に書類アイコンが移動する現象を回避します。)
・書類を(保存メニューで)明示的に保存した場合は、修正日が更新されない不具合を修正した。

v1.1b6
・列幅が0ピクセルになり、一見すると列が存在しないように見えてしまう不具合に暫定対処した。(列幅の再セットが必要になった場合は0にならないようにしました。列幅が0の列が存在するかどうかは、見かけ上の列数とウィンドウ右上に表示される列数を比較することで、確認できます。)
・列幅をデフォルト値(100ピクセル)にリセットする機能を追加した。(前掲の現象で操作不能になった列は、本機能により、再び操作できるようになります。)
・ファイル読み込み時に列幅が0ピクセルであれば、デフォルト値にリセットするようにした。
・「全削除」メニューを実行すると、異常終了する不具合を修正した。
・行がない状態で「一列挿入」を実行すると、異常終了する不具合を修正した。

v1.1b5
・複数セル選択時のハイライト不良対策が不十分で、セルクリック時に一時的に編集不可となってしまう不具合を修正した。

v1.1b4
・複数セル選択時、選択した全てのセルがハイライトされるよう、暫定的に対処した。(その関係で、セルクリック時のレスポンスが多少鈍くなっています。代替手段も含め、さらに調査中です。)
・ノート型等のfnキーを併用するキーボードにおいて、ショートカットが機能しない場合がある不具合を修正した。

v1.1b3
・複数セルのコピー&ペーストを行って書類を保存すると、ペーストした文字列が文字化けする不具合を修正した。
(既に文字化けしたものは復元できません。お手数ですが再入力して下さい。)
・文字列のペースト時、既存の文字列を消去してしまう不具合を修正した。

v1.1b2
・日本語を含む文字列のカット時、選択した範囲が正しくカットされない不具合を修正した。
・書類を新規作成し、保存時に名前を変更しても、ウィンドウメニューに反映されない不具合を修正した。
・capslockキーがロックされていると、キーによるセル移動が正しく行われない場合がある不具合を修正した。

v1.1b1
・Mac OS X上で起こる、以下の問題点に対応した。
 ・セル入力中にスペースをタイプすると、入力位置がセルの先頭に移動してしまう場合がある不具合を修正した。
 ・印刷ができない場合がある不具合を修正した。
 ・Mac OS X 10.3以降で、タブパネル内の各項目の周囲が白っぽく浮き出てしまう不具合を修正した。
 ・マウスホイールによるスクロールに対応した。
 ・ヘルプメニューを廃止した。
・テキストの読み込み/書き出しで、以下のとおり対応した。
 ・読み込み/書き出し時、テキストのエンコーディグを指定できるようにした。
 ・読み込み時、区切り文字としてスペースを指定できるようにした。また、複数の区切り文字を指定できるようにした。
 ・読み込み時、テキストファイル名の拡張子を除去するようにした。
 ・書き出し時、行末にカンマを付加、改行なしを指定できるようにした。
・印刷時、ヘッダ/フッタ/枠線の有無を指定可能にした。
・開発ツールをREALbasic 5.5.4-Eに変更した。

1.0b5〜1.0.1
欄造 for 8.1と共通

1.0b4
・欄造 1.0b4をベースに作成。


[Home]  [MacSoft]  [Donation]  [History]  [Privacy Policy]  [Affiliate Policy]